どのタイプでリフォームする?トイレの3タイプのメリットデメリット

どうも佐世保リフォーム通信です。トイレのリフォームでは、予算と機能、日頃の掃除などを考えながらトイレを選びます。今回はトイレの3タイプのメリットとデメリットを紹介します。

目次

トイレリフォームで選ぶ3タイプのトイレ

住宅用トイレにはタンクレストイレと、通常のタンク付きトイレ、そして最近でてきたキャビネット付トイレの3タイプがあり、そのなかから選びます。それぞれのメリットデメリットを紹介します。

タンクレストイレ

水道の水圧で水を流すことでタンク部分をなくしたトイレです。価格は高めですが、スッキリとしたトイレ空間にできるためリフォームでは人気があります。

https://sumai.panasonic.jp/toilet/

メリット
・掃除しやすい
・デザインが良い
・連続で水を流せる
・空間が広く使える

デメリット
・手洗いが別に必要
・価格が高め
・便座交換できない

タンク付きトイレ

最も一般的なトイレです。便器よりも高い位置にあるタンクに水を貯め、高低差の水圧で流す仕組みです。タンクに水を貯める給水を利用した手洗いを設置することができます。

メリット
・手洗いをつけれる
・価格が安め
・便座を選べる

デメリット
・掃除がしにくい
・連続で水を流せない
・空間が狭くなる

キャビネット型トイレ

キャビネットの中にタンクを内蔵しているキャビネット型のトイレ。棚板にタンク付きトイレのように手洗いをつけることが可能です。タンクレストイレは手が出せないけどスッキリとしたトイレ空間にしたい方におすすめなトイレです。トイレの間口(横幅)に制限はありますが、標準的なトイレスペースであれば問題なく収まります。

https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/refore/

メリット
・物置スペースができる
・収納が増える
・見た目がスッキリする

デメリット
・空間が狭くなる
・連続で水を流せない
・タンク付きよりやや高め

予算とメリット・デメリットのバランス

規模が大きくなりにくいトイレリフォームにおいても予算が限られた中で機能や日頃の掃除やメンテナンスなどで最適なものを選ばないといけません。家族のスタイルにピッタリのトイレを見つけてくださいね。

よかったらシェアしてね!

トイレのリフォームを検討されている方へ

毎日使うトイレだからキレイにしたいと思うようになりました。

  • 掃除がしにくい
  • 匂いがきつい
  • 狭くて動きづらい
  • 汚れが落ちなくなった
  • 水がもったいない

これは、築年15年以上の家にお住まいの方の共通の悩みです。そのままにしておくと、トイレの汚れがますます取れなくなったり、匂いが不快で落ち着いてトイレができない、水道代がずっとかかってしまう、ということです。

トイレリフォームで毎日過ごすトイレをキレイ快適

トイレリフォームは、

  • 最新の節水トイレで家計にもやさしい
  • 匂いもなくなって気分がリフレッシュ
  • 家族はもちろんお客様にも快適に過ごしてもらえる

と、いいことがたくさんあります。リフォーム工事中はご不便をおかけしますが、毎日使用するトイレで快適に過ごせるようになりますし、最新のトイレは節水タイプで汚れもつきにくいものばかり。お友達を家に招いても気を使うことなく使っていただくことができます。

施工事例や費用をトイレリフォーム工事の参考にしてみてください。

リフォーム工事の参考費用

トイレ本体
付属品
40,000〜300,000円
トイレ交換工事30,000円
(オプション)
手洗い本体/手洗い設置・給排水工事
電源・スイッチ電気工事
ドア本体/ドア交換工事
壁下地工事
クロス工事
フロアタイル工事
〜400,000円
※商品により価格は変わります。工事の内容によって現場管理費、廃材処分料等が変わります。また、現状のトイレの状況によって金額は変わりますのであくまで参考としてください。

トイレのリフォーム工事は数日〜10日かかる場合もあるため、1ヶ月に2〜3件しか工事をお受けできません。また、トイレだけでなく、その他のリフォーム工事にも対応しています。お見積りに伺うまでにお時間をいただく場合がありますので、早めにスケジュールを押さえていただくためにも、こちらのフォームに必要事項を入力して内容をご確認の上、ご連絡ください。






    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    必須建物種別 一戸建て集合住宅(アパート・マンション)店舗その他
    必須現在のおトイレの状況 和式トイレ壁床がタイル貼古い洋式トイレ
    必須ご相談


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる